クライムセンターCERO
 
STAFF BLOG (スタッフ ブログ)
なんでもブログ >> 記事詳細

2017/08/05

私の夏休み

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
休みを取って、長野県川上村の小川山へ行ってきました。
数年ぶりです。
天候が悪く、いつもならテントがいっぱい張ってあるのですが、ガラガラでした。


テントを張り終えると、ガマスラブへ。どこも濡れています。


ガマスラブの上部の壁を登りましたが、雨が降ってきたのでクイックドローを残置してテントに戻りました。


2日目は、昨日の残置クイックドローを回収して、ガマルートを登りました。
数ピッチのマルチルートです。

天候はこんな感じで今にも雨が降ってきそうでした。


登り切ったころに心配していた雨が降ってきました。急いで下降しました。

3日目は、一番乾いていそうなマラ岩へ。川上小唄ルートでアップしました。この先っぽにはいきませんでしたが。

乾いた岩場なので多くのクライマーが集まっていました。
イレギュラー登って、場所を変更しました。

次に向かったのが小川山レイバックです。きれいなコーナークラックです。
今までに2回登りましたが、いつもまっすぐ登った所からロワーダウンしていました。

今回は、2ピッチ登り親指岩のてっぺんまで登りました。

懸垂下降は、クレージージャムルート沿いでした。降りて上を見上げるとクレージージャムにトップロープがかかっているではありませんか。

このチャンスにとトップロープで取り付きました。下部の部分が濡れていて手がすっぽ抜けましたが、カムを利用して上に上がりました。小川山の4つ星ルートです。さすがにいいルートでした。
次回、ぜひ登りたい1本です。


4日目。午後には広島に向けて出発をしなくてはなりません。
朝から青空がのぞいていました。
屋根岩3峰の南稜神奈川ルートへ向かいました。
取り付きを間違えて1時間以上ロスをしてしまいした。
ここが正しい取り付きです。


グレードは低いですが、初めてのところのマルチは緊張します。


セカンドをビレイ中です。お山のてっぺんはやはり気持ちいいです。周囲を眺めながらビレイです。


下降は、懸垂下降です。降り始めが緊張します。2人が同時に下降するようにビレイ器にロープをセットして下降に移ります。
こうすることで安全にスピーディーに下降できます。


久しぶりのキャンプをしながらのクライミングでした。
前半は天候が悪く、くつろぐ方が多かったですが、キャンプの夜は知り合いのクライマーが丁度居合わせたので、いろんな話をすることができました。

小川山は、素晴らしいルートがたくさんあります。キャンプも楽しいし、夏は涼しいので広島の夏から逃れるには最高です。

14:49