クライムセンターCERO
 
STAFF BLOG (スタッフ ブログ)
なんでもブログ
12345
2016/12/04new

第2回クライミング交歓会

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
今日は山岳連盟主催の第2回クライミング交歓会が開催されました。21名の子供たちが集まりました。また、福山からの参加もありました。
説明を聞いて始めます。


ボルダリングの課題です。CEROの壁、すべてに課題が作られています。


リード(トップロープも)クライミングと両方をやらなくてはなりません。


一撃で登ろうと真剣な眼差しでホールドを確認しています。


絶対に登るんだという気持ちが全身に溢れています。見事に一撃でした。


クラス別で表彰です。低学年の部です。


中学年の子供たちです。ガッツポーズが出ています。


高学年の部です。随分とお兄さんらしくなってきました。


第3回が3月に開催されます。どなたでも参加できます。是非多くのちびっこクライマーの参加をお待ちしています。
今回参加の皆さんご苦労様でした。腕を磨いて3月の大会に挑戦しましょう。

19:48
2016/12/03new

ROCK&SNOW74号 入荷

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
ロック&スノー74号が届きました。

特集は、トラッドクライミングです。ボルトを使用せず、カムやナッツを使ってプロテクションを取り、登っていくクライミングです。人工壁しか登らない人にはちょっとやりずらいかもしれませんが、この世界を知るとクライミングの奥深さを改めて実感させられます。
クロニクルには広島のクライマー マルボーさんが登られた宮島と三倉岳の記録が掲載されています。

17:17
2016/12/01

12月になりました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
マンスリー課題が完成しました。


新しい記録票も用意しました。


早速、多くの皆さんに登ってもらっています。


CERO忘年会を12月11日(日)19時より行います。会費大人¥1000 中学生以下¥500
です。どなたでもご参加できます。

15:04
2016/11/29

たまにはマルチでも登ってみようか

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
昨日は、ロクスノ69号にも取り上げられた三倉岳の上ノ岳右ルート6ピッチ5.10aを登りに行きました。
取り付きはBコース7合目の青白ハングの岩場を右側に回ったところです。

エイトノットの結びをきれいに締め、いざ開始です。1Pは簡単ですが濡れていて少々いやらしく感じました。三倉岳には久しぶりでスラブが下手になっていました。

セカンドクライマーをガイドモードでビレイです。ビレイ器とロープの相性が悪く引き上げるのに力がかかってしまいました。


2P目は上部のハングを超えます。ボルトが下にあるので安心ですが、カムを決めて超えます。


3P目の出だしです。以前はリスにハーケンが打ってありましたが、今は手前にボルトがあります。これで一安心できます。しかしこの後もランナウトしていますから、気は抜けません。


5年前に自分が墜落したところです。クラックの抜け口にカムをセットしていなくて7~8mは落ちました。


この日は風が冷たく日陰でのビレイは、ちょっと辛かったです。


でもマルチは景色も楽しめ、ピークまで達することができるのでロッククライミングの醍醐味を味わうことができます。


マルチピッチクライミングも時々は楽しいものです。

19:54
2016/11/26

壁の裏側

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
昨夜からストーブもつけました。
日ごとに寒くなってきました。
CEROの壁の裏側に断熱材を入れています。
今日はこの中の壁に断熱材を付けました。


少しずつ作業を進めています。


断熱材が入ると寒さも少し和らぐことと思いおます。今年中には作業を完了させよと思います。

13:02
2016/11/18

大山 三鈷峰登山

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
昨日、鳥取県大山に登山に行ってきました。

8時スタート。上空は雲に覆われていました。


石畳には落ち葉。初冬を迎え残っている葉も少なくなっていました。


今回の登山は地図読みの基本を再確認しました。事前にコース上に進むべき方角を記入して、シルバコンパスのリングをその角度に回し、進んでいきます。


この様にして進みます。分岐点では必ず進む方角を確かめると道迷いが防げます。


宝珠尾根を進みます。


ユートピア小屋の下です。ガスが取れ大山北壁が見渡せました。縦走は禁止になっています。


三鈷峰の直下です。先ほどの地震でしょうか?角がとがった岩が崩れていました。


約3時間で三鈷峰のピークに立ちました。何年振りでしょうか?


下りは大神山神社には下りず、宝珠山をたどりスキー場へ降りるコースを選びました。
ブナの林はきれいです。


中の原スキー場の上部に出ました。


駐車場に戻ると青空が広がっていました。モンベルショップに立ち寄り買い物。


駐車場ではCEROのお客様にもばったり。夏山登山道で山頂に登られたそうです。
久しぶりの登山でしたが、気持ちよかったです。
山の空気を吸うとリフレッシュできます。

11:19
2016/11/11

懐かしいお客様

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
昨日、お電話で申し込みがありました。
リードクライミングのやり方を教えてくださいという申し出でした。


お話を聞くと、3年前のスクールのお客様でした。

お一人は、ひざを痛めて3年間クライミングから遠ざかっていた方。
もうお一人は、週に3回他のジムでボルダリングをされているということです。

始めにトップロープで登ってもらいました。
八の字結びを思い出してもらいハーネスにロープを結んで登ってもらいました。それと同時にビレイも復習してもらいました。

スクールでやっていたために、お二人ともすぐにコツを覚え(思い出して)リードのビレイもしていただきました。



さすがに週3日登られている方は、余裕で10台前半のルートを登られていました。

クライミングは、間が空いていてもまた再開できます。もちろん続けて登ることに越したことはありませんが。
クライミングには最適な季節です。昔のクライマーの方も是非登りましょう。

21:40
2016/11/08

レンタルシューズ 入荷

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
本日新しレンタルシューズが入りました。


20㎝から30㎝まですべてのサイズを購入しました。
レンタルシューズをお使いの方は、自分のサイズが見当たらないということはないと思います。

17:08
2016/11/02

パラクライマー 小林幸一郎さんと

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
月曜日は、私の友人でもあるパラクライマー(視覚障碍)の小林幸一郎さんと一緒に岡山県備中町の岩場に行ってきました。


小林さんは高校生の時からクライミングを始められたのですが、20代後半の時視力が失われていくという病気になり、現在ではほとんど見えないという状態です。病気になり自分にできることは何かと考え、NPOモンキーマジックを立ち上げ、クライミングというスポーツを通して障碍者の社会参加を促していくという活動をされています。
活動の傍ら自らもクライマーとして活躍されています。9月のパリで行われたパラクライミング世界選手権ではB1(全盲クラス)で2連覇を達成しています。

小林さんのことをパラクライマーと紹介していますが、本来はそのような言葉は必要ないと思っています。
障碍があろうがなかろうがクライミングが大好きな一人のクライマーなのです。特別扱い特別視をすることはないと思います。
わけ隔てのない世の中になっていくことを目指したいですね。

09:10
2016/10/28

マンスリー課題 完成

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
本日、11月のマンスリーチャレンジの課題が完成しました。




新しい用紙も準備しています。是非、新しい課題に挑戦してみてください。

20:28
12345