クライムセンターCERO
 
STAFF BLOG (スタッフ ブログ)
なんでもブログ
12345
2017/08/16new

第72回国民体育大会中国ブロック大会山岳競技

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
この週末に行われる大会の準備を進めています。

まずは2階ボルダー壁のホールドはずしです。夏休みの小中高大学生も手伝ってくれました。


ペンキも塗ってきれいにしました。選手の皆さんんは気持ちよく登ってもらいたいです。


リード壁も大会で使用する部分のホールドを外しました。


ホールドについているチョークを高圧洗浄機で洗い流し、色別に仕分けしました。
中野がホールドに回り止めのビス穴をあけています。
試合中にホールドが回ってしますと大変です。

準備はまだまだ続きます。
明日はルートセッターの一人である小澤信太さんがやってこられます。
課題つくりが始まります。

大会が終わるまでお客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解ください。

13:06
2017/08/05

私の夏休み

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
休みを取って、長野県川上村の小川山へ行ってきました。
数年ぶりです。
天候が悪く、いつもならテントがいっぱい張ってあるのですが、ガラガラでした。


テントを張り終えると、ガマスラブへ。どこも濡れています。


ガマスラブの上部の壁を登りましたが、雨が降ってきたのでクイックドローを残置してテントに戻りました。


2日目は、昨日の残置クイックドローを回収して、ガマルートを登りました。
数ピッチのマルチルートです。

天候はこんな感じで今にも雨が降ってきそうでした。


登り切ったころに心配していた雨が降ってきました。急いで下降しました。

3日目は、一番乾いていそうなマラ岩へ。川上小唄ルートでアップしました。この先っぽにはいきませんでしたが。

乾いた岩場なので多くのクライマーが集まっていました。
イレギュラー登って、場所を変更しました。

次に向かったのが小川山レイバックです。きれいなコーナークラックです。
今までに2回登りましたが、いつもまっすぐ登った所からロワーダウンしていました。

今回は、2ピッチ登り親指岩のてっぺんまで登りました。

懸垂下降は、クレージージャムルート沿いでした。降りて上を見上げるとクレージージャムにトップロープがかかっているではありませんか。

このチャンスにとトップロープで取り付きました。下部の部分が濡れていて手がすっぽ抜けましたが、カムを利用して上に上がりました。小川山の4つ星ルートです。さすがにいいルートでした。
次回、ぜひ登りたい1本です。


4日目。午後には広島に向けて出発をしなくてはなりません。
朝から青空がのぞいていました。
屋根岩3峰の南稜神奈川ルートへ向かいました。
取り付きを間違えて1時間以上ロスをしてしまいした。
ここが正しい取り付きです。


グレードは低いですが、初めてのところのマルチは緊張します。


セカンドをビレイ中です。お山のてっぺんはやはり気持ちいいです。周囲を眺めながらビレイです。


下降は、懸垂下降です。降り始めが緊張します。2人が同時に下降するようにビレイ器にロープをセットして下降に移ります。
こうすることで安全にスピーディーに下降できます。


久しぶりのキャンプをしながらのクライミングでした。
前半は天候が悪く、くつろぐ方が多かったですが、キャンプの夜は知り合いのクライマーが丁度居合わせたので、いろんな話をすることができました。

小川山は、素晴らしいルートがたくさんあります。キャンプも楽しいし、夏は涼しいので広島の夏から逃れるには最高です。

14:49
2017/07/30

韓国 テグ市 高校生交流

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
昨日、奥三段峡に沢登りに行ってきました。
韓国テグ市の高校生と先生30名が沢登りをするため、お手伝いに行ってきました。

恐羅漢エコロジーキャンプ場から出発です。


沢の入り口を目指します。


韓国には沢登りという登山のジャンルはありません。日本では沢登りが盛んで専用のシューズも売っています。韓国の人には渓流たびをはいてもらいました。


足元に気を付けながら進みます。前回の交流登山では、滑って手の骨を折った高校生がいました。


泳いで進むテグの高校生です。


私も3年ぶりぐらいの沢登りでした。水の冷たさが心地よかったです。




岩登りとは違った楽しみがあります。
自然の中でワクワクしながら先へと進みます。
沢登りには、たくさんの魅力があります。
テグの高校生も沢登りを堪能できたことでしょう。

クライミングのテクニックがあると危険な場所でもスムーズに通過することができます。
人工壁だけでなく自然の中でのクライミングも楽しいです。

11:21
2017/07/27

垂壁のボルダリング壁

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
昨日、届いたマット用スポンジをマットカバーに詰め、壁が使えるようにしました。
今日から課題つくりです。


スラブの課題はあなどれません。

週末には登れるようになります。
お楽しみに。

18:58
2017/07/26

下関 白瀧山の岩場

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
月曜日、曇り空でしたが両さんからお聞きした下関の岩場に行ってきました。

廿日市インターから山陽道、中国道そして美祢インターで降りて、国道435号線を進みました。白瀧山という看板通り行くと山の頂上辺に到着しました。
案内文に書いてあった駐車場(空地)に車を止め出発の用意をしました。



発電用の大型風車の音が響いていました。しかし、霧がかかっていて風車は見えず。

まずはA岩でアップです。

普段登っている三倉岳の花崗岩や帝釈峡の石灰岩とも違う凝灰岩です。
慣れていないのでビビりながら進みます。

このとき、蜂が体の周りを舞っていて気になっていました。
次は右の凹角のルートを登ろうとラインを見ていると、なんと蜂の巣があるではありませんか。道理で蜂が飛んでいるわけです。

退散してB岩へ 
C岩は鳥が巣を作っているために登らず、D岩へ。
11aのルートを登りました。長くて腕がはってきましたが何とか登ることができました。


終了点からは風車が見えました。


終了点のカラビナのゲートが戻らないのがありましたので、自分のカラビナと交換しておりました。


初めての岩場は緊張しますね。ルートを作っていただいた方に感謝です。
私も登りながらコケを落としながら登りました。岩場はみんなで大切にしたいですね。
また登りに行かせてもらいます。

19:53
2017/07/21

スポンジ到着

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
今朝、大きな荷物が届きました。トラックに山積みの荷物でした。



ボルダリング用マットのスポンジです。
1階部分にボルダリングエリアを広げます。

これからマットカバーに包んで、課題を用意し皆様に登っていただきます。
準備をしますので今しばらくお待ちください。

15:26
2017/07/17

海の日

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
この連休には、高知県から友人が登りに来てくれました。
パラクライマーの4人です。5月連休に登りに来てくれました。


ルーペでのぞいている先には、


B1クラスのご主人が奮闘中です。


こちらに来られる度に上達されています。
来年1月開催予定のパラクライミング日本選手権での上位入賞を目標に練習に励んでおられます。
頑張ってほしいです。

14:41
2017/07/16

中野 帰国

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
昨夜、スイスから戻ってきました。
ワールドカップの成績は2戦とも予選落ちでした。
普段の力が出せれば準決勝へは十分進めるはずだがと思っていました。



出発前に、「右手首の調子が良くないんです。」と言っていました。


やはり、右手に痛みが出て思うように登れなかったようです。
病院で診察してもらうとTFCC損傷という診断でした。要は手首の靭帯を痛めているようです。
クライマーにはケガは付き物です。
トップ選手となればケガとの戦いでもあります。

皆様も、ケガには気を付けましょう。

18:44
2017/07/07

工事 完了

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
昨日、足場を撤去して工事が完了しました。


この壁は、特別レッスンに使用します。普段はこのようにローリングタワーが設置してありますのでこの壁は使用できません。
しかし、左側の垂壁は下にマットを敷いて、ボルダリング用にします。
リードクライミングエリアが少し減りますが、最近のお客さんの要望を受け入れ、初級用のボルダリングエリアとしてリニューアルします。
ただいまマットを注文中です。



今回の壁のリニューアルで出た材料を使って、カラフルな椅子を作りました。中にはホールドなどの物入れになります。

16:52
2017/07/04

中野 リードワールドカップへ

Tweet ThisSend to Facebook | by:スタッフS
先日、中国新聞のスポーツ欄にも取り上げられました。
今シーズンのリードワールドカップが今週末から始まります。


今日の午後、広島を立ちました。
出発の前にCEROで練習をしていました。

奥様がビレイです。






台風3号がやってきていたので、湿度が高く「ホールドは濡れているようだ。」とぼやきながら登っていました。
第1戦はスイスで開かれます。日本とは違って寒いくらいでしょう。
どんな登りを見せてくれるか楽しみです。
応援をよろしくお願いします。

21:58
12345